不動産小口化商品の情報を探すならこちら

クラウドリアルティが、三菱地所、新生企業投資、新生銀行、みずほキャピタルから総額2.3億円の資金調達

前のページへ戻る

“P2P型の不動産クラウドファンディングサービス”「クラウドリアルティ」を運営する株式会社クラウドリアルティ(本社:東京都千代田区、代表取締役:鬼頭 武嗣)は、三菱地所、新生企業投資、新生銀行、みずほキャピタルを引受先とする第三者割当増資の実施に合意したことをお知らせ致します。
本日、総額で2.3億円、11月20日に発表したSBI FinTechファンド、三菱UFJフィナンシャル・グループ各社からの出資を含めると、今回のシリーズでは合計5.8億円の調達となります。また、創業以来の累積資金調達額は6.3億円となります。

当社は創業当初より、新たな非中央集権型のパブリックな不動産証券化市場の創生を目指して事業を展開してまいりましたが、既存の不動産証券化市場の黎明期を支えてきた主要企業を今回のシリーズで新たに株主に加えたことで、今後はシステム開発等を通じて市場としてのインフラを強化すると同時に、多くの発行体及び投資家の方々が参加できるよう市場の制度設計や海外への拡大などにも積極的に取り組んでまいります。
また、各株主との事業シナジーについても、国内外の不動産関連の資金調達プロジェクトや発行体の開拓、新たな金融プロダクトやスキームの開発、ノンリコースローンの活用、投資家基盤の拡大や募集時のシンジケーションなど、それぞれの領域で早期実現を目指してまいります。

今回のシリーズの資金調達先一覧(※五十音順)

  • SBIインベストメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川島 克哉)が運用する「FinTechファンド」(名称:FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合)
  • カブドットコム証券株式会社(本社:東京都千代田区、取締役 代表執行役社長:齋藤 正勝)
  • 新生企業投資株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:松原 一平)
  • 株式会社新生銀行(本社:東京都中央区、代表取締役社長:工藤 英之
  • みずほキャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:齊藤 肇)が運用するファンド(名称:みずほ成長支援第2号投資事業有限責任組合)
  • 三菱地所株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役 執行役社長:吉田 淳一)
  • 株式会社三菱東京UFJ銀行(本社:東京都千代田区、取締役頭取執行役員:三毛 兼承)
  • 三菱UFJキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:半田 宗樹)が運営するファンド(名称:三菱UFJキャピタル6号投資事業有限責任組合)

 

「クラウドリアルティ」について
「クラウドリアルティ」は、誰もが自由に資金調達ができる、もしくは資金調達プロジェクトに投資ができる、P2P型の不動産クラウドファンディングのマーケットプレイスです。不動産証券化とクラウドファンディングの仕組みを組み合わせることで少額から公募での資金調達を可能にし、より多くの方々が不動産投資をはじめることを実現します。これまで資金調達が困難であった不動産関連プロジェクトの資金循環を活性化させ、地域再生や不動産の新たな価値創造に取り組むと同時に、新たな分散型の資本市場の創生を目指していきます。

株式会社クラウドリアルティ 会社概要
代表取締役:鬼頭 武嗣
所在地:東京都千代田区平河町二丁目5番3号
設立:2014年12月
URL:https://www.crowd-realty.com/
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2963号
宅地建物取引業 東京都知事(1) 第98234号

・本リリースは報道機関への情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としたものではありません。