不動産小口化商品の情報を探すならこちら

不動産小口化商品とは

前のページへ戻る

不動産の小口化とは

不動産を購入する際、一般的には数百万円から数億円という資金が必要になります。
額が大きいため、銀行でローンを活用する事が多いですが、それでもある程度の資金が必要になります。

プロが好むような物件になるほど金額が高く、一般の個人投資家には手が出せません。

また購入時の金融機関や不動産業者との手続きも煩雑で、購入後も物件の管理や税金の支払い手続きなど、かなり煩雑です。昨今、サラリーマン投資家も増えておりますが、購入時に資金が沢山必要な事は代わりがありませんし、意外と不動産投資は手間がかかるものです。

これに対し、不動産小口化商品は、1つの物件を複数の投資家で保有するというスキームになります。親子で共同名義で購入するようなものではなく、それぞれの投資家(オーナー)の権利が分かれ守られているため、ワンルームや一棟マンションを購入するのと同じように、自分の権利を持つ事が出来ます。

不動産小口化のメリット

任意組合型・匿名組合型の違いや、物件管理の違い、プロの出資が入るか否かなどで細かい違いはありますが、小口化される事で、例えば1棟では数億円する物件でも、額が低いものでは100万円程度から購入する事が出来るようになります。

不動産の証券化であるREITとはまた違い、不動産を小口で買うイメージになり、それぞれメリットが違います。

不動産小口化は、不動産投資を行うように購入する事が出来、さらに手続きもシンプルになっております。不動産投資をしてみたいが煩雑な手続きを踏みたくない方、大きい資金は投資したく無い方、ローンを利用したくない方、もっと手軽に不動産のメリット(利回り収益・節税効果)を得たい方には不動産小口化はうってつけです。特に、任意組合型では不動産と同じ税制が適用出来るため、相続税の節税に適しています。

不動産小口化.comでは、主にこの任意組合型の不動産小口商品の情報を発信して参ります。今後、任意組合型の不動産小口化商品は、購入者・販売者それぞれにメリットがあるため、拡大していくと思われます。その中で、どのような商品を購入したら良いのか、中立な立場で情報発信して参りますので是非、お気軽にお問い合わせ下さい。