不動産小口化商品の情報を探すならこちら

不動産が気軽に買える仕組み

前のページへ戻る

不動産が気軽に買える

不動産が気軽に買える仕組み

最近はネットで不動産情報が気軽に手に入るようになり、仲介手数料が安くなったりと、個人投資家の参入余地が増えております。

また、この安倍政権下では銀行の融資も緩和され、サラリーマンをやりながら、不動産を沢山保有する「サラリーマン大家」が急増しています。

少ない資金でも、ローンを活用して大きな金額の物件も購入出来るようになっため、一見すると不動産が気軽に買えるような形になり、株式投資やFX投資と同じように人気になっています。

しかし、借金をして投資をする事はリスクの固まりです。
金利と賃料の鞘が取れる間は良いですが、今後金利が上昇したり、借りる人が居なくなったり、物件のリフォームなど突発的な出費が発生したり、最後に売ろうと思ったら物凄く値下がりしてしまったりと、リスクが表面化していないだけ、とも言えます。
一度リスクが表面化すると、物件の金額以上の借金を背負うこともあります。

その点、小口化商品の場合、基本的にはローンは引けませんし現金で購入する事になります。その代わり、より少額から購入出来るようになりますので、100万円を頭金にして2,000万円のマンションを買うよりは、100万円の不動産小口化商品を購入する方が安全です。
より気軽に購入出来るようになります。

小口化する事で立地や物件を妥協しない投資が可能

通常、不動産は一人ないし共同持分にて物件を保有しますが、不動産小口化商品の場合、複数人で分割して不動産を所有するにも関わらず、それぞれの所有権がはっきりしており、且つ有価証券のようなものではなく、不動産として所有・売買出来る事が特徴です。

例えば都内の大型ビルなど、個人で持つことは難しいですが、不動産小口商品化された物件であれば、例えば100万円ぐらいからでも物件の一部を所有する事が出来ます。
家賃収入や管理費やその他諸費用も全て按分して計算されますので、小資金で都心の一等地のビルを買うことも可能です。

不動産は立地が全てと言われるように、価格は高くても都心の良い場所というのは手堅い投資になります。
それを小口化不動産商品を使うことが可能になります。