不動産小口化商品の情報を探すならこちら

不動産小口化商品とは

前のページへ戻る

不動産

不動産小口化商品とは

通常、不動産は一人ないし共同持分にて物件を保有しますが、不動産小口化商品の場合、複数人で分割して不動産を所有するにも関わらず、それぞれの所有権がはっきりしており、且つ有価証券のようなものではなく、不動産として所有・売買出来る事が特徴です。

例えば都内の大型ビルなど、個人で持つことは難しいですが、不動産小口商品化された物件であれば、例えば500万円ぐらいからでも物件の一部を所有する事が出来ます。
家賃収入や管理費やその他諸費用も全て按分して計算されますので、小資金で都心の一等地のビルを買うことも可能です。

不動産は立地が全てと言われるように、価格は高くても都心の良い場所というのは手堅い投資になります。
それを小口化不動産商品を使うことが可能になります。

更にその場合、相続税評価が著しく下がる事になり、安定収入を得られるだけでなく、節税・相続税対策としても注目をされています。
残念ながら、今の所日本では不動産小口化商品を取り扱っている業者はごく一部に限られていますが、商品が発売されるとすぐに完売します。
是非チャンスがあれば、不動産小口化商品の投資も検討してみましょう。

分散投資でリスクを軽減

「卵は1つの籠に盛るな」という格言があります。
卵(投資資金)を1つの籠(商品)に入れていると、籠を落とした時に全ての卵が割れてしまい、大きな損失を被る事になります。
株の世界ではバスケット買いという言葉もあり、こちらは逆に複数の商品を1つの籠に入れる、つまり色々なものに投資する手法で少しややこしいですが、いずれにせよ一般的に投資では1つの所に集中しないのが良しとされています。

特に不動産では、地震や物件瑕疵のリスクもありますし、幾つかの物件に分ける事が主流です。
しかしながら、不動産は株とは違い、一つ一つが最低でも数百万円はしますので、分散投資が難しい商品です。

そこで、不動産小口化商品を活用する事で、少額から色々な物件に投資する事が出来るようになります。
また、複数の不動産小口化商品に投資をしても、それぞれは不動産特定共同事業法(不特法)に則ったものですので、管理も楽です。

これが一つ一つ不動産を持つことになると、地域によって商慣習が違ったり、管理会社によって手続きが違ったり、確定申告が難しくなったりとややこしい事も増えて行きます。

その点、不動産小口化は購入者のメリットが高く、また販売側も、良い物件を小口化する事が出来、手続きも標準化出来るため、購入者・販売者共にメリットがあります。

今後、不動産投資のスタンダードとなるかもしれませんので、今のうちからその動きをチェックしておく事が大切です。

Comment

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。