不動産小口化商品の情報を探すならこちら

相続時の節税を考える前に仕組みを理解しよう!

前のページへ戻る

相続時の節税

節税と経理

節税と言う言葉が経営者の心に響くのは、無駄なお金を国に払いたくない。もしくは、他の人が払っている税金を、自分は払わなくてすむかもしれない、といった儲け話ではないでしょうか。

たしかに、会社の支出が減ってお金が手元に残るのであれば、経営者として強い関心を示すのは当然です。しかし、そのことが節税と経理と言う言葉が結びついてしまうと、経営者として大きな判断ミスを犯します。

経理は会社を経営する上でとっても重要です。そのことを理解できるような話を続けてみたいと思います。

経理の流れを理解する

経理は、会社が存続する限り、ほとんどの場合において毎日発生する業務です。例えば、商品を仕入れた場合、備品を購入した場合、給料を支払った場合など、お金が支出された時点で、経理スタッフはお金の流れを記帳します。最近はパソコンの会計ソフトに記録することがほとんどでしょう。

経理スタッフがお金の流れを1ヶ月間に渡り記録すると、月末に経営成績を把握することができます。先ほど例にだした、商品や備品、給料などの支出があるのと同じように、物を販売したときの収入もあるはずです。それらの数字から導き出されるのが経営成績です。つまり、どれだけ儲かっているのか、を把握することができます。

同様に、現金をどれだけ支払い、そして回収したのかも把握できます。先ほど、物を販売した時に収入がある、と説明しました。しかし、この収入は、現金を回収できた収入なのか、来月末に現金を受け取ることができる収入なのかが分かりません。いわゆる売掛金と言う項目の登場です。

売掛金は、会社にとっては利益が上がったけれども、まだ現金を回収していない、という事を言い表しています。貸借対照表に売掛金が多ければ多いほど、現金化が遅れていると考えることができます。

月末に経営成績を把握すること12ヶ月。めでたく1年の締めくくりにあたる決算を迎えます。この決算は、それまでのように領収書や売り上げを記帳していればいい、という事ではありません。決算書を作成するには専門知識が必要なので、税理士の先生にお願いすることが一般的でしょう。

決算書を作成したら、税務申告書を作成します。この税務申告書も当然ながら税理士にお願いすることになります。

税務申告書は期末から2ヶ月以内に提出しなければならないと法律で定められています。この期日を過ぎる場合は、あらかじめ届け出が必要です。

出典:相続ニュース https://souzoku.news/news/1933/