不動産小口化商品の情報を探すならこちら

相続評価が下がる?京町家でお得に節税

前のページへ戻る

京町家

相続評価が下がる?京町家でお得に節税

日本においては、資産の大半が高齢者が保有している事もあり、今後は相続対策を取られる方が沢山いると思います。

本サイトをご覧の方は、若い投資家も多く、自分自身が子や孫のために相続対策をする事は少ないかもしれませんが、ご自身の両親を含めて、最適な相続対策を知っておく事は必須です。

タワーマンションや生命保険の節税も、日々状況が悪くなり、効果的な相続対策とは言えなくなりました。
そこで今大注目なのが、「不動産小口化商品」による相続対策です。

商品によっては相続評価が5分の1に

不動産小口化商品の特徴は何と言っても相続対策に強い所です。

例えば、1,000万円で商品を買った場合、一口100万円ずつで10分割して、子や孫に譲渡するという事が可能になります。
その時に、物件により相続評価が5分の1にまで圧縮される事がありますので、例えば500万円ずつ子に分けても、実際には100万円の贈与となり、他の贈与が発生したとしても相続税とは無縁になる方が多くなるでしょう。

更に、不動産小口化商品は、「投資商品としても魅力的」な所がポイントです。
相続税を圧縮できるだけでなく、純粋な商品として高い利回りが発生しますので、子や孫の将来のための貯蓄としても使う事が可能です。

サラリーマンの給与がどんどん下がる今となっては、おじいちゃんおばあちゃんの方が年金をあわせて遥かにお金持ち、子や孫は今を生きるのに精一杯、というのもよくある状況です。

どうせ相続税で取られるなら、また使わない預貯金があるならば、お金はお墓まで持っていけませんし、今のうちに不動産小口化商品に切り替え、安定的な利回りを受取ながら、然るべきタイミングで子や孫に相続する事をお勧め致します。

今後の不動産投資のスタンダード

今後、不動産小口化商品は相続対策のスタンダードと考えられます。
ローンが引けないデメリットはあるものの、この小口化のスキームは地方物件などの再生に適しております。

そのため国交省も不動産特定共同事業法の緩和を打ち出しており、高い資本金要件などがなくなっていくと、般の不動産事業者も参入出来る可能性があります。
そうする事で、より流動性が高まり少額から色々な物件に投資出来るようになります。

もちろん、不動産市況が変化していく中で、不動産小口化商品に適合した良い物件というのも、多く出回っているわけではありませんので、今のうちに購入して、後々で購入者が増えて来た時に転売してしまうのも一つの選択肢です。

マンション等を区分で購入して渡す、運用するよりも、遥かに簡単で少ない資金から出来る不動産小口化商品を是非検討してみましょう。