不動産小口化商品の情報を探すならこちら

小口化はファンドではなく不動産購入と考える

前のページへ戻る

不動産投資の収支計算

不動産ファンドと聞くと、代表的な商品である「REIT」を想像する方が多いと思います。

REITも、一人では購入できない大きい物件を、SPCという投資専用の法人を作り、その法人が物件を取得して、出資者が共同でお金を投じて、利益を分配金として受け取る仕組みなため、不動産小口化商品と似ている部分が多くあります。

不動産小口化商品はまだまだ馴染みのない商品であり、ハイリスクな商品、何かあったらペーパーアセットだから無くなる、そんなイメージを持たれる方が多いです。
しかし実際には全く逆で、あくまでも不動産を共同で購入する仕組みであり、また通常個人投資家が購入するようなリスクのある小粒の不動産ではなく、プロが購入するような大型の不動産に対して投資出来るため、利回りも高くキャピタルゲインも狙える傾向にあります。

仮に不足の自体が起こっても、ファンドが不動産を所有しているわけですから、不動産の価値が消えない限りは、投資資金が無くなる事もありません。
運営者・販売者が倒産しても、不動産の価値が有り続ける限りは安心出来る商品です。

■不動産税制が適用されるメリット
購入や売却の仕組みは、ペーパーアセットのように簡単です。
現物の不動産を購入する時は、不動産仲介会社にお願いをしても色々な確認事項ややり取りが発生し、とても大変なものです。
それに比べると、不動産小口化商品は、重要事項説明など不動産と同じようにあるものの、非常に分かりやすい売買手続きになります。

それに加え、税制が有価証券のものではなく、不動産のものが適用されるため、相続対策や節税対策にも有効です。
すでに不動産投資を行われている方であれば、全体的なポートフォリオ設計、収益計算も行いやすく、リスク分散にもなる商品です。

不動産購入は面倒だしローンもしたくない、だけど不動産の税制を活用して節税もしたい、さらに投資金額も低い金額から行いたい、そんな欲張りな方に最適なのが不動産小口化商品です。

今後、大手企業を中心に不動産小口化商品はそのメリットの多さから、不動産投資のスタンダードになるかもしれません。
まだまだ事業者・販売者も有利な条件で商品組成をしていますが、今後競争が増えてくると、更に優良物件が枯渇する事になり、良い商品が減ってくるかもしれません。
是非今のうちに、不動産小口化商品を知り、投資検討対象の一つとして、考えて見て下さい。